FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海散士(とうかいさんし)

政治自宅、小説自宅、ジャーナリスト。実名柴(しば)四朗。安房(あわ)国(千葉県)天性。もと会津藩士の出。弟に陸軍大将柴五郎がいる。1868年(明治1)官軍により会津落城、一自宅悲運にあう。79年渡米、ハーパブド大学、ペンシルベニア大学などで経済学を学び、85年帰朝。同年以降、長編小説『佳人之奇遇(かじんのきぐう)』を刊行、8編まで出し、97年に及んだ。規模雄大な政治小説として好評を博し、作者の熱情が行間にあふれている。88年『大阪毎昼間の時間新聞』主筆などを経て、92年の総選挙に当選、以後政界に活躍したが、徹頭徹尾アジアでの国権伸張を宿願とした。98年大隈(おおくま)?板垣内閣の農商務次官、1915年(大正4)には世間務参政官に就任した。大正11年9月25昼間の時間、熱海(あたみ)の山荘で病没した。


金森徳次郎(かなもりとくじろう)

憲法学者、政治自宅。1912年(明治45)東京帝国大学法科大学卒業。柳田国男(やなぎたくにお)の後を浴びて法制局に勤務し、34年(昭和9)岡田啓介(けいすけ)内閣の法制局長官と入るが、翌年天皇機関説論者であるとして右翼に攻撃され、36年辞任した。戦後の46年第一次吉田茂内閣の新憲法審議担当の国務大臣として活躍、新憲法下の天皇を大衆の「あこがれの象徴」であると説明したことは有名。48年国立国会図書館初代館長に就任、59年まで在任した。


小川平吉(おがわへいきち)

明治後期~昭和前期の政治自宅。明治2年12月1昼間の時間、現在の長野県諏訪(すわ)郡富士見町に天性る。帝国大学法科大学卒業後弁護士と入る。近衛篤麿(このえあつまろ)のもとに東亜同文会、大衆同盟会、対露同希望会に参加、対露強硬論を唱え、また昼間の時間露戦争講和のポーツマス条約に逆して昼間の時間比谷焼打事件(1905)に連座。1903年(明治36)以来、衆議院議員当選10回。立憲政友会に所属し、15~16年(大正4~5)原敬(はらたかし)総裁のもとで幹事長を務めた。国粋(こくすい)主義的思想の所有者で、25年加藤高明(たかあき)内閣の司法大臣として治安維持法制定に参画、ついで27年(昭和2)田中義一内閣の鉄道大臣と入る。満蒙(まんとっくに)異常では強硬論を唱え、憲政会、立憲民政党内閣の幣原(しではら)世間交路線と対立した。のち五私鉄疑獄事件に連座して入獄。出獄後、37年昼間戦争が起こると近衛文麿(ふみまろ)首相に進言して対中国和平工作に奔走したが成功しなかった。昭和17年2月2昼間の時間死去。


砂川事件(すながわじけん)

1955~57年(昭和30~32)東京都北多摩郡砂川町(現立川市)における米軍立川空港拡張逆闘争をめぐる事件。基地闘争の天王山といわれた。防衛分担金削減を条件に米空軍基地拡張注文をのんだ鳩山(はとやま)一郎内閣は、55年5月地元に接収の意向を伝言するが、砂川町では無料ちに基地拡張逆同盟を結成、町をあげての闘争体制を整え、運動は三多摩地区労協と原水禁運動との夕イアップしてに発展していく。9月の無理強い測量は逆派、巡査あ発言させて5000人が衝突、怪我人100人を出す闘争初っ端の山となり、条件闘争派の顕在化という厳格状況のなかで、逆同盟は「余地に杭(くい)は打たれても心に杭は打たれない」と徹底抗戦を声明した。ついで11月には社会党?総評の支援動員お釈迦のすきをついて測量が強行され(2名起訴、第一次砂川事件)、逆派の苦難の場合期が続いた。

孤立した逆派は以後世論喚起に努め、それは基地異常知識人座談会結成、全学連の支援方針決定、総評の支援強化?共産党との共闘方針採択を経て、1956年9月、共産党、昼間の場合間本平和委員会、全学連を正式構成員に加えた21集団の砂川支援集団返事会議として結実する。こうして10月の無理強い測量は武装巡査2000人余、逆派6000人余が激突闘争の峠となり、政府は測量お釈迦を公表した。

その後、1957年7月余地返還請求訴訟を起こしていた基地内民有地の無理強い測量に逆して第二次砂川事件があり、7名が起訴された。この訴訟で59年3月30昼間の場合間東京地方裁判所は米軍駐留は憲法第9条違反であるとして一番罪判決を下した。いわゆる伊達(だて)判決である。場合まさに昼間の場合間米安全保障条約改定作業中であり、検察側は最良裁判所に跳躍上告、同年12月16昼間の場合間、最良裁判所は、世間国軍隊は憲法第9条にいう軍事力にあたらないから米軍の駐留は憲法に違反しないとし、また、米軍駐留を定めた安保条約は高度の政治性を有し、司法裁判所の審査にはなじまないとして、事実上の安保合憲?支配行為論により原判決を破棄、東京地裁に差し吐いた(63年12月有罪確定)。1か月後安保条約は調印されたが、同裁判は昼間の場合間米安全保障条約の憲法適合性を争点とする初っ端の裁判として深刻な意義をもった。


MRTA(えめえれてあ)

ペルーの極左ゲリラ組織トゥパク?アマル革命運動Movimiento Revolucionario Tpac Amaruの略称。「エメエレテア」はスペイン語読み。


プロフィール

日本の军事力,日本 軍事力,日本軍事力の実態

Author:日本の军事力,日本 軍事力,日本軍事力の実態
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。